忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

Home > [機材] PC & Software > Microsoft Compact Optical Mouse 500のスクロールホイールの不調を直した

Microsoft Compact Optical Mouse 500のスクロールホイールの不調を直した

2018/03/11 Sun
2015年12月に購入したMicrosoft Compact Optical Mouse 500のスクロールホイールの動きがおかしくなった。
ホイールを回してもガクガクしてスクロールしたりしなかったり。
保証期間は過ぎており、スクロール以外の動きは正常なので修理した。

修理に際して参考にしたのは、「ワイヤレスマウスの修理|ナンチャッテ技術者の凸凹日記」。
この記事を見ると、スクロール不調の原因はロータリーエンコーダーというスクロールホイールの回転を検知する部品の、接点汚れによるものらしい。


Microsoft Compact Optical Mouse 500裏面のスクリュー
Compact Optical Mouse 500を開けるのは底面後部のスクリュー1本だけ。
目かくしのシールを剥がすと現れる。

Microsoft Compact Optical Mouse 500上部カバー外し
マウス前側に爪があり、マウス上部パーツを後ろにずらすとマウスが分解できる。

Microsoft Compact Optical Mouse 500ロータリーエンコーダー
ロータリーエンコーダー拡大写真。

Microsoft Compact Optical Mouse 500ロータリーエンコーダー外し
参考にしたサイトではロータリーエンコーダーのカバーのみ外していたが、今回はロータリーエンコーダー全部を外した。
カバーのハンダ2カ所と本体の足3カ所のハンダを外す。

ロータリーエンコーダーカバーの爪
ロータリーエンコーダーのカバーはロータリーエンコーダーの左右の突起に引っかかっているだけなので、精密ドライバーを入れてカバーを外す。

ロータリーエンコーダーのカバー外し
さらにエンコーダー(赤いパーツ)を固定している金属板がある。
これは本体のピンがきつめに刺さっているだけなので、本体と金属板の間に精密ドライバーを入れコジッて外す。

ロータリーエンコーダー全バラシ
ロータリーエンコーダーを全部ばらしたところ。

ロータリーエンコーダー内の汚れ
エンコーダー(赤いパーツ)と本体の接触部はかなり汚れている。
本体の接触部はエンコーダーがこすれて薄い溝ができている。

ロータリーエンコーダーの汚れ清掃
エンコーダーと本体の接触部を麺棒でこすって清掃。
少しゴミが残っているのものの全体的な汚れは落ちた。
光の加減で汚れがあるように見えるが本体の溝もキレイに清掃した。

PCにつないでスクロールテストしたところ、スクロールが直っているのが確認できた。
これからは他のマウスがスクロール不調になったら、同じように直せそうだ。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

忍者AdMax

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • blogram投票ボタン
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]