忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

Home > [被写体] 昆虫・クモ > ゴミを背負ったクサカゲロウの幼虫アリマキジゴク

ゴミを背負ったクサカゲロウの幼虫アリマキジゴク

2018/06/13 Wed
先日見つけたカマキリの幼体を探してゴーヤを眺めていたら、2~3mmのゴミがゴーヤのツタを走り回っているのを見つけた。

オリンパスSZ-16で撮影。

クサカゲロウの幼虫
肉眼では小さすぎてなんだか分からない。
アリ程度の速さで動きつつ、ときどき止まってプルプルしている。
上から写真を撮ってみるとケバケバとアシが見えるだけ。


クサカゲロウの幼虫
葉っぱの裏に移動したところを撮影すると……頭部がアリジゴクっぽい。
しかし、こんなところをウロウロしてるはずはない。


ネットで調べるとクサカゲロウの幼虫でアリマキジゴクとも呼ばれているらしい。
アリジゴクに似ているわけだ。

Wikipediaによると、
幼虫は柔らかな腹部と、小さな頭部に細く鎌状に発達した大顎を持つ。足は三対の胸脚のみで、全体としてはアリジゴクをやや細長くしたような姿である。
すべて肉食性で、アブラムシやハダニなどの小動物を捕食するためアリマキジゴクと呼ばれる。この食性から農業害虫の天敵としても利用されている。
種によっては、幼虫は背面に鉤状の毛を持ち、そこに様々な植物片や捕食した昆虫の死骸などを引っ掛け、背負う行動を取る。この行動は琥珀に封入された個体の発見により、1億1千万年以上前には既に存在したことが知られている。この行動はアリなどの攻撃から逃れるためのカムフラージュであると言う説もあるが、その効果は未だ明瞭にされていない。
クサカゲロウ|Wikipedia より
とのことで、先日見つけた「セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ」なんかも食べてくれるらしい。
スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

忍者AdMax

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • blogram投票ボタン
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]