忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [機材] その他カメラ > オリンパスTG-2のスーパーマクロが凄い

オリンパスTG-2のスーパーマクロが凄い

2013/02/08 Fri
本日(2/8)から発売される、OLYMPUS STYLUS TG-2 Toughのスーパーマクロが凄い。
昆虫写真家の海野和男氏のサイトに掲載された写真や動画を見ると、その凄さがよく分かる。

TG-2からは、1cmまで寄れるスーパーマクロでの光学ズームが可能になったことで、撮影倍率が驚異的に上がったらしい。
これは動画も同じで、海野氏が撮影した動画を見ると、コンデジでここまで撮れるかと驚いた。
マクロ撮影機能は前機種「TG-1」から大きく進化。「TG-1」では焦点距離が固定されていましたが、「STYLUS TG-2 Tough」ではスーパーマクロモードでのズーム撮影が可能になりました。焦点距離100mm※6で1cmまで被写体に近づいたとき、光学ズーム100mmでは7倍※6、超解像ズーム時には最大14倍※6まで被写体を拡大して撮影することができます。また、背面のモニター上ではデジタルズームを使用して最大45倍に被写体を拡大して表示することができるので、1mmの葉脈や昆虫の体の一部などを45mmで確認することができます。(※6:35mmカメラ換算)
私が持っているTG-615は、スーパーマクロでは実測値で2.5cm(仕様3cm)まで寄れるものの、ズームは固定。
2.5cmまで寄れるので、かなり大きく撮影できるが、被写体が小さいともの足りなく感じてしまう。
これは動画も同じ。
今度TG-615で、どれだけのスーパーマクロ動画が撮影できるのか試してみよう。



アリを捕らえたハエトリグモ TG-2 Super macro

海野和男氏撮影のオリンパスTG-2関連リンク

海野和男氏関連リンク

オリンパスTG-2関連リンク

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]