忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [機材] OLYMPUS SZ-16 > オリンパスSZ-16を購入

オリンパスSZ-16を購入

2014/07/29 Tue
コンパクト高倍率ズーム機が欲しくて、オリンパス SZ-16を買った。
SZ-16を買う際、同じような価格の双眼鏡つきSZ-14DXと最後まで迷った。
低感度での画質はSZ-14の方が自然な描写で魅力だったが、画像を縮小して使用することが大半なので、その差は小さく、カメラのレスポンスを優先してSZ-16にした。
ネット上の画像やレビューを色々調べたが、SZ-14DXとSZ-16をどのように比較したのかは、また後日。

オリンパスSZ-16とTG-615
カメラの幅はTG-615とほぼ同じ。

オリンパスSZ-16とTG-615
カメラの高さもTG-615とほぼ同じで、カメラの奥行きだけ厚いという印象。
手に持った感触もTG-615と同等で悪くない。

電源を入れて少し操作してみたが、カメラの性能はTG-615より確実に向上している。
まず起動が早い。
TG-615は、電源を入れて撮影ができるようになるまで5秒待たされる。
SZ-16は、電源を入れてから2秒で撮影可能。

節電モードからの復帰も早い。
撮影できるまでの時間は、起動の時間とほぼ同じ。
TG-615は節電モードからの復帰にイライラしてしまうが、SZ-16は気にならない。

撮影メニュー表示もサクサク。
TG-615は撮影メニューを移動させるのに、操作に対してわずかに遅れる印象があり、カメラの処理を待って次の操作をする必要があった。
SZ-16はカメラの処理を気にせず、次々にメニューを移動させていける。
とくに露出補正のレスポンスは劇的に改善された。
WBではわずかにレスポンスが落ちるものの、それでもTG-615より早い。

AFも早い。
TG-615でも明るいところでは早いと思っていたが、SZ-16はそれよりも早い。
瞬時にピントが合う印象。

簡単に触っただけだが、手に馴染むのが分かり、SZ-16を購入して正解だったと思う。
詳しいレビューは、また後日。

【関連記事】
スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]