忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [機材] OLYMPUS TG-615 > OLYMPUS TG-615を使いこなす:ISO編

OLYMPUS TG-615を使いこなす:ISO編

2011/11/01 Tue
OLYMPUS TG-615のISOを積極的に使うため、各ISOでどの程度の画像が得られるのか調べてみた。
また、TG-615の設定できるISOは80~1600だが、暗い場所ではISO2500になるシーンモードのキャンドルもチェックした。
チェック内容は、「画像サイズとズーム編」と同じく、ウェブ上に公開する大きめのサイズ800×600ピクセルにリサイズした場合の画質を見て、個人的に使えそうかどうか、というもの。

OLYMPUS TG-615を使いこなす:画像サイズとズーム編

共通撮影設定

画像サイズ:5M、Pモード、WB:AUTO、ESP測光

リサイズ設定

Photoshopを使用。
800×600にリサイズ。
アンシャープマスク:70%、半径0.3、しきい値0。

個人的結論

ノイズはあまり気にしないので、ISO1600も意外と使えそう。
キャンドルモードは、ISOにかかわらずノイズリダクションが強力に働くうえに、ホワイトバランスもキャンドル光に合わせたもののようなので、通常撮影には向かないようだ。
しかしキャンドル光での撮影も、ノイズリダクションが強力に働いているので、あまり使う気にならない。

作例

ISO80

ISO80昼
F11、SS:1/125S、昼

ISO80夜
F3.9、SS:1/2S、夜

ISO100

ISO100昼
F11、SS:1/160S、昼

ISO100夜
F3.9、SS:1/2S、夜

ISO200

ISO200昼
F11、SS:1/320S、昼

ISO200夜
F3.9、SS:1/3S、夜

ISO400

ISO400昼
F11、SS:1/640S、昼

ISO400夜
F3.9、SS:1/6S、夜

ISO800

ISO800昼
F11、SS:1/1250S、昼

ISO800夜
F3.9、SS:1/13S、夜

ISO1600

ISO1600昼
F11、SS:1/2000S、昼

ISO1600夜
F3.9、SS:1/25S、

キャンドルモード

キャンドルモードでは、ISO800が自動選択されてもノイズリダクションが強力に働くようだ。
5M等倍で見ると、かなり塗りつぶされていた。

キャンドルモード昼ISO800
F11、SS:1/1000S、ISO800、昼

キャンドルモード夜ISO2500
F3.9、SS:1/25S、ISO2500、夜

以下は、キャンドルモードとISOのノイズリダクションのかかり具合を比較。
画像サイズ5Mで撮影し、等倍切り出し。

キャンドルモード比較キャンドル
キャンドルモード(ISO800自動選択)、WB設定はできない。
画像が青っぽくなることから、キャンドルのオレンジっぽい光に合わせたホワイトバランスが自動設定されるようだ。

キャンドルモード比較ISO800
Pモード(ISO800)、WBオート

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]