忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [被写体] 植物 > 街路樹のイチョウは色づきはじめ

街路樹のイチョウは色づきはじめ

2012/11/20 Tue
相模原の街路樹のイチョウは、まだ色づきはじめ。
きれいな黄色の葉が青空に映えるのは、もう少し後になりそう。

街路樹のイチョウ
SHARP SH705i

しかし、落葉対策なのか、ちょくちょく枝を切っていて、ほとんど棒が立っているようなものもある。
そういうイチョウは元気がなくて、葉が黄色くなる前に、枯れてしまっているものも見かける。
折角街路樹を植えているのだから、もう少し手入れを丁寧にしてもいいと思うのだが。

このところ、携帯のカメラで写真を撮ることが増えてきた。
理由は、デジカメを持って出るのを忘れることが多いから。
その点、携帯は忘れないから、携帯で撮影することになる。

SHARP SH705iの画質は決してよくないが、縮小すれば少しは粗が見えなくなる。
今回撮影した画像サイズは200万画素。最大300万画素で撮影できる。
200万画素で撮影しても、最後に縮小するサイズが同じなら、200万画素も300万画素も同じだと思っていたが、どこか画質が悪く感じる。
それは、前回、相模原北公園の紅葉を撮影したときも感じていた。

極小画素のデジカメは、少ない信号量をゲインアップで増幅して、一緒に増えたノイズは除去しているだろうから、200万画素で撮影するのと、300万画素で撮影するのでは、ゲインアップの量や、ノイズ除去の量などで違いがあるのかもしれない。
単純に300万画素で撮影されたものが、カメラ内で縮小されているだけかと思っていたのだが。

今度、200万画素と300万画素で撮影したものを、縮小して比較したい。
同じように、1/2.3インチCCDで1400万画素という超極小画素の、オリンパスTG-615でも同じ比較をしてみよう。
スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]