忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > 雑記 > ヤフオクで買った「エネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VFS-D23L 再生バッテリー」を載せました

ヤフオクで買った「エネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VFS-D23L 再生バッテリー」を載せました

2013/11/28 Thu
2019/7/21:全体的に記述見直し 車のバッテリーが上がったので、ヤフオクで買った「エネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VFS-D23L」の再生バッテリーを載せてみました。
再生バッテリーのイメージは、すぐにダメになりそうなイメージがありますが、交換した物は絶好調です。
先日の寒さが厳しくなったときも、軽快にセルが回り、「キュルキュルブォーン」とすぐにエンジンが始動。
すでに2週間が経過していますが、何の問題も発生していません。
以下、購入した再生バッテリーの状態などについて書いていきます。
スポンサーリンク

目次

購入した再生バッテリーについて

購入した再生バッテリーは、再生バッテリーを扱っている業者のヤフオクから3,300円+1,000円(送料)=4,300円で購入しました。
この業者は外したバッテリーは無料で引き取ってくれ、引き取ったものは使えるものは再生させて、再度販売しているようです。

ここはエンジンの始動性やバッテリー状態を判断できるCCA値(コールド・クランキング・アンペアー)を掲載していて、購入の参考にしました。このCCA値が大きいほど始動能力が高くなります。
私が購入したバッテリーのCCA値は『625』でしたが、VFS-D23Lの性能ランクである85D23Lの基準値を「JIS規格・鉛バッテリーCCA値一覧」で見ると『530』です。
表示されていた『625』という値を信じれば、かなり状態は良さそうです。
また15ヶ月の保証あり、評価に『悪い』がひとつもないことから、優良な再生バッテリーを扱っていると判断しました。

家に送られてきた再生バッテリーは、非常に丁寧に商品を扱っている印象を受けました。
再生バッテリーはキレイに清掃され、持ち運びようの取っ手付き。新品の専用段ボールに入れられ、新品のビニール袋に保証書、バッテリー取扱の説明書が入っているなど、非常に安心感がありました。
取り外した廃バッテリーは無料引き取りなのもありがたいです。送られてきた段ボールに入れて、購入の業者に連絡し、バッテリーの集荷を待てばいいだけでした。

ヤフオクで購入した業者(Yahoo! JAPAN ID:eco_charger)の再生バッテリー出品リスト

再生バッテリー:エネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VFS-D23L
車に載せたエネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VFS-D23Lの再生バッテリー。
液漏れ防止テープは、使用前に剥がします。

再生バッテリー:エネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VFS-D23L
エネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VFS-D23Lにバッテリーの性能ランク表示はありませんが『85』です。
純正バッテリーが『55』なので、かなりパワーアップしたことになります。

純正バッテリー:新神戸電機55D23L
純正の新神戸電機製55D23L。
2004年(平成16)の新車状態から使い続けて9年半。
一度だけバッテリー液を補充しましたが、上がることなく、今まで頑張ってくれました。
このあと、再生バッテリーを購入した業者へ引き取られていきましたが、果たして再生されるかどうか。

新品の購入も検討しましたが、55D23Lがホームセンターで約1万円。ネットでの安いものも同じくらいです。
しかし、新車のバッテリーを、9年半バッテリー上がりすることなく使ったことを考えると、新品に交換した場合、あと9年半はバッテリー交換なしでも大丈夫になりますが、車の交換時期の方が早く来そうです。
そう考えると、新品の半額以下で、性能ランクの高い再生バッテリーを買った方がいいと判断しました。
スポンサーリンク

古いバッテリーの状態は?

さて、バッテリーが上がってしまった時の話ですが、次のバッテリーが入手できるまで車に乗れないのは不便だったので、充電器で充電しました。
しかし、持っているのはバイク用のトリクル充電器(AUTO CRAFT トリクル充電器HC12-1)のみ。
バッテリーの無負荷電圧を測ってみると、12Vをギリギリきった程度だったので、ダメもとでバッテリーに接続。
と思いきや、トリクル充電器HC12-1のバッテリー端子は小さく、車のバッテリーに繋げませんでしたので、ブースターケーブルを介して、バッテリーとトリクル充電器を接続しました。

充電すること約6時間。
バイク用のバッテリー充電器でも12.7Vまで復活していました。
バッテリーを車に戻してセルを回すと、難なく始動。
充電のために車をしばらく乗り回しつつ、新品バッテリーの店頭価格のチェックと、ガソリンスタンドでガソリン補給とバッテリーの状態のチェックへ出かけました。
ガソリンスタンドのバッテリーチェッカーは、負荷電圧が測れるようになっており、状態も知らせてくれるものでした。

純正バッテリー:新神戸電機55D23L
結果はレベル1。
バッテリーの交換を勧められましたが、エネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VF-100D23Lで25,800円。
オートバックスでも、お高いバッテリーばかりが置いてありました。
帰宅後、迷わずエネオス VICTORY FORCE SUPER PREMIUM VFS-D23Lの再生バッテリーに入札しました。

古いバッテリーの経歴

上がったバッテリーは新車購入から9年半の現在まで一度も交換していないもの。
充電なしは一度も行っていませんから、かなり持ったかと思います。

以前通勤で毎週月曜から金曜まで乗っていたレガシィは、往復60キロを走り、4年で2回ほどバッテリーを換えた記憶がありますから、バッテリーの寿命は、車の乗らない時間と車の始動回数が大きく関係してくるようです。

今の車は、9年半で約20000キロしか走っていません。
しかし、まったく乗らなくてもバッテリーは弱くなってしまうので、用がないときでも週一回は近場でも車に乗るようにしてきました。
こういう乗り方で、バッテリーを9年半も使い続けることができました。

ヤフオクで購入した業者(Yahoo! JAPAN ID:eco_charger)の再生バッテリー出品リスト
NEOSTAGE|再生バッテリー販売(上記ヤフオク業者のYahoo!ショッピング店)

【関連記事】
スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]