忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [機材] その他カメラ > 中華アクションカムDBPOWER SJ4000をドラレコに。必要品購入編

中華アクションカムDBPOWER SJ4000をドラレコに。必要品購入編

2016/09/22 Thu
ドライブレコーダー代わりに中華アクションカムDBPOWER SJ4000を購入した。
ドラレコではバッテリーがへタると問題が出そうなので、バッテリー交換可能でコスパの高いSJ4000を選択。
さらにバッテリー2個つきのDBPOWERのものにした。
取り付けるのはSG5フォレスターC型。
今回は購入した商品の紹介で、取り付けは次回公開予定です。

DBPOWER SJ4000をドライブレコーダーにするために購入したもの一覧


中華アクションカムDB POWER SJ4000をドラレコ代わりに使うために購入したもの

各商品の紹介

DBPOWER SJ4000

SJ4000はGo Proの模倣品と言われている中華アクションカメラで、5~6千円で買えるのにそこそこきれいなフルHD動画が撮れる、非常にコスパの高い商品。
SJ4000でややこしいのは、さらに模倣品がいくつかあること。
いわゆる本家「SJCAM正規品SJ4000」はファームウエアの更新もあり安定した商品のよう。
「DBPOWER SJ4000」は、「SJCAM SJ4000」のOEMか模倣品かは不明だが本家に近い商品らしい。
ただファームウエアはDBPOWER独自のもので、ファームウエアの更新はないと思った方がいいでしょう。
MicroSDカードは32GBまで。

カーモードに設定してMicroUSBコネクタに1Aの給電があると、自動で起動し録画を開始する。

DBPOWER SJ4000は同梱品が豊富
アタッチメントが豊富
電池2個入り(1個は本体内蔵済)

MicroSDカード:Transcend 32GB(TS32GUSDHC10E)

メインの録画用に使います。
DBPOWER SJ4000で使用する場合は、本体でフォーマットせずにPCでフォーマットすること。
本体だと以上に時間がかかります。
フォーマットはFAT32 アロケーションユニットサイズ32KBでクイックフォーマット。
アロケーションユニットサイズを上記以外にすると、SJ4000が認識しない。

MicroSDカード Transcend 32GB(TS32GUSDHC10E)
Class10、UHS-I対応品。

MicroSDカード Transcend 32GB(TS32GUSDHC10E) CrystalDiskMarkベンチ結果
CrystalDiskMarkでのベンチマーク結果。
T520の内臓カードリーダーを使用。

MicroSDカード Transcend 32GB(TS32GUSDHC10E) check flash不良セクタ診断結果
Check Flashでの不良セクタ診断結果

MicroSDカード Transcend 32GB(TS32GUSDHC10E) H2testw偽造カードチェック結果
H2testwで偽造カードチェック結果

SJ4000での録画に問題はなかった。

MicroSDカード:ADATA 16GB(AUSDH16GUICL10-RA1)

予備用として使います。
フォーマットはTranscendのMicroSDカードと同様に、FAT32 アロケーションユニットサイズ32KBでクイックフォーマット。

MicroSDカード ADATA 16GB(AUSDH16GUICL10-RA1)
Class10、UHS-I対応品。

MicroSDカード ADATA 16GB(AUSDH16GUICL10-RA1) CrystalDiskMarkベンチ結果
CrystalDiskMarkでのベンチマーク結果。
T520の内臓カードリーダーを使用。

MicroSDカード ADATA 16GB(AUSDH16GUICL10-RA1)  check flash不良セクタ診断結果
Check Flashでの不良セクタ診断結果

MicroSDカード ADATA 16GB(AUSDH16GUICL10-RA1)  H2testwカードチェック結果
H2testwで偽造カードチェック結果

このカードはTranscendのMicroSDカードと同じClass10だが、書き込み速度はTranscendの半分でClass10の規格にぎりぎり届いていない。
しかしSJ4000での録画に問題はなかった。

給電ケーブル(3m MicroUSB-USB):オーム電機(OHM)マイクロUSBL字型ケーブル3M SMP-JSR30L

SJ4000側がMicroUSB L字端子、シガーソケット側は普通のUSB端子。
3mの給電ケーブルを選んだのは、バックミラーステーにSJ4000を取り付け、センターコンソール(肘かけ)内のシガーソケットまで配索するため。

給電ケーブル オーム電機(OHM)マイクロUSBL字型ケーブル3M SMP-JSR30L
USB1.1準拠だが給電用なので問題なし。

USBポートつきシガーソケット:オウルテック 2連シガーソケット分配器 USB2ポート搭載(合計3.1A) 12V/24V車対応 ケーブル長90cm

USBポート(2A×1、1A×1、シガーソケット×2)のついたシガーソケット。
これをセンターコンソール内のシガーソケットに設置する。
SJ4000は1Aから給電する。

USBポートつきシガーソケット オウルテック 2連シガーソケット分配器 USB2ポート搭載(合計3.1A) 12V/24V車対応 ケーブル長90cm

取り付けは次回公開予定です。

【関連記事】
スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]