忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [機材] アクセサリー > SD10とME-1とDK-21M

SD10とME-1とDK-21M

2007/04/05 Thu

いままでニコンのマグニファイニング・アイピースDK-21M(1.17倍)を使っていたのだが、オリンパスのマグニファイヤーアイカップ ME-1(1.2倍)がSD10に使えそうなので購入した。

20070405-1.jpg
↑上がME-1で下がDK-21M。どちらも加工もなしでSD10に装着可能。

使ってみた感想は、
DK-21Mは単体で覗くと中心以外像が流れており、こんなんで大丈夫かなという感じだが、近くを見る分にはそれほど気にならなくなり、ファインダーを覗いても周囲がちょっと流れているかなという感じ。
像は標準より大きくなるのはもちろんだが、ちょっとファインダーが暗くなったかなという印象。

ME-1はそのまま見ても、周囲が若干流れているかな程度でクリアな印象を受け、広範囲はしっかり見えDK-21Mより好印象。
ファインダーを覗くと、とても0.03倍の差とは思えない感じで像が近く感じる。
DK-21MとME-1とでは2mmほどME-1が薄いので、それが像を大きく感じさせているのかもしれない。
またクリアに見えるので、ファインダーは確実にDK-21Mより見やすくなったと思う。

視度調整は標準ファインダーを基準にして、DK-21Mはマイナス1段、ME-1はプラス1段調整している。
DK-21Mを付けていた時はマイナス側いっぱいだったので、ME-1を付けた事で視度調整に余裕ができた。

20070405-2.jpg
↑大きさと厚みの比較

ME-1を買う時、DK-21Mより倍近い価格だが、レンズの大きさは余り変わらない感じなので像の流れなど感じは同じかなと思い買うまいか迷ったが、確実に買って良かったと思っている。
マニュアルフォーカスがちょっと楽しくなりそうだ。

※追記
これ以降マニュアルフォーカスが楽になり、家に来る野鳥や昆虫撮影もすべてマニュアルフォーカスでバッチリ。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]