忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [被写体] 昆虫・クモ > キボシアシナガバチ観察日記5:ヤマトアシナガバチの羽化

キボシアシナガバチ観察日記5:ヤマトアシナガバチの羽化

2010/11/15 Mon

訂正:2012/10/10
いままで『ヤマトアシナガバチ』としていましたが、『キボシアシナガバチ』であることが分かりました。
最初に確認をしたときは、単純に、反り返った巣ではないことから、キボシアシナガバチの巣ではないと判断していました。
ところが、成体の胸部を見ると、ヤマトアシナガバチにはある縦二本の黄色の紋がありません。したがってキボシアシナガバチであることが分かります。
ご指摘をしていただいた方に感謝いたします。


2010年10月5日
ヤマトアシナガバチ キボシアシナガバチが羽化した。
はじめは逃げた親蜂が戻ってきたのかと思っていたが、巣をよく見ると、繭の蓋が一つ開いていた。
すべてNIKON COOLPIX5000にて撮影。

羽化したキボシアシナガバチ
最初に羽化した ヤマトアシナガバチ キボシアシナガバチ。
よく見ると、複眼の色が黒っぽく、赤茶色だった親蜂と印象が違う。

羽化した蜂は、巣を見つけたときにすでに繭を作っていたので、繭づくりから羽化までに日数は不明。
先日、繭づくりを撮影した幼虫も、三匹中二匹はオオカマキリに食べられてしまい生き残って最後に繭を作った幼虫のみが、羽化までの日数を知ることのできる蜂となってしまっている。
羽化しキボシアシナガバチ二匹目
2010年10月6日7時12分
羽化した二匹目の ヤマトアシナガバチ キボシアシナガバチを見つけた。
複眼は黒く、翅はまだ透明できれいに延びていない。
きっと羽化してから、それほど時間が経っていないのだろう。

羽化したキボシアシナガバチのコミュニケーション
触角でコミュニケーションをとる ヤマトアシナガバチ キボシアシナガバチ。

キボシアシナガバチの羽化後の巣
成虫がでてきた繭は、丸く噛み切られて、蓋のようになっているのが分かる。

何日か様子を見ていたが、蝉が羽化したときのように、すぐにどこかへ飛んでいってしまうことはなく、しばらくこの巣に留まっていた。
はじめは羽化したての体の硬化を待っているだけなのかと思っていたが、他にも自然の厳しさを垣間見る理由があった。

キボシアシナガバチ観察日記1:観察開始
キボシアシナガバチ観察日記2:幼虫の繭作り
キボシアシナガバチ観察日記3:オオカマキリの襲来
キボシアシナガバチ観察日記4:生き残った幼虫の繭作り
キボシアシナガバチ観察日記5:キボシアシナガバチの羽化
キボシアシナガバチ観察日記6:共食いと巣立ち
キボシアシナガバチ観察日記7:最後の羽化と巣立ち
キボシアシナガバチ観察日記8:巣を調べる
スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]