忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [機材] OLYMPUS SZ-16 > オリンパスSZ-16でメジロを撮る

オリンパスSZ-16でメジロを撮る

2015/01/04 Sun
オリンパスSZ-16で初メジロです。

メジロ_SZ-16_テレ端
SZ-16テレ端
ISOオート(ISO250で撮影された)
WBオート
被写体との距離は目測4m

手振れ補正が強力なので、手振れに注意しながらの手持ちでも手振れしないと思いますが、窓のサッシに手をあってて半固定状態で撮影しました。 やっぱり24倍ズームは便利です。

メジロ_SZ-16_テレ端およびSTズーム端
SZ-16テレ端+STズーム端(8M記録)
ISOオート(ISO250で撮影された)
WBオート
被写体との距離は目測4m

AFの性能はまずまずですが、被写体と背景が離れている場合、ピント合わせに若干時間がかかるのを考慮する必要があります。
この場合、ワイド端でピントを合わせておき、そのままズームすることでピント合わせが早くなります。
昨年、横浜スタジアムのプロ野球観戦にSZ-16を持っていったのですが、同様の操作を行いました。
その時の写真はまだ整理していないので、後日ブログに公開しようと思っています。

ちなみに、ワイド端でピント合わせをしておく撮影方法ですが、テレ端までズームに若干時間がかかるので、普通にピント合わせしたほうが早い場合もあります。
液晶画面を見れば、ピントの状態がだいたい分かりますので、状況によって使い分けした方がいいでしょう。
このカメラは被写体にカメラを向ければ、自動でピント位置を合わせるコンティニュアスAFなので、あらかじめ撮影するところにカメラを向けておくのも手です。

ちなみにSZ-16でプロ野球撮影は、まずまずイケると感じました。
しかしこのカメラの特性を理解、納得した上でのこと。
動いている被写体にカメラを向けて撮影しようとしてもAFが間に合いませんので、基本置きピンでの撮影になります。
簡単でキレイに撮影したいなら一眼レフをおすすめします。

なおSZ-16はコンパクトでプロ野球観戦の邪魔にならないのが良かったです。
プロ野球観戦でのSZ-16の細かい感想は、ブログに公開してからにします。

【関連記事】
スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]