忍者ブログ

PHOTOLIFE BLOG

富士通 FMV LIFEBOOK AH
Home > [被写体] 植物 > 相模原北公園花便り:2013年4月12日その2

相模原北公園花便り:2013年4月12日その2

2013/04/13 Sat
4月12日(金)の相模原北公園花便り その2です。
今回は梅の木の下に咲く花々を紹介します。

梅の花が散ってしまい、梅園からは賑やかさは消え、新緑の若葉からは初夏の勢いのようなものが感じられるようになりました。
梅の木の下にはタンポポが咲き、鮮やかな黄色が余計に夏を想像させ、梅園にはもう見所はないように思えてきます。
でもちょっと目線を下げてみると、意外とたくさんの花が咲いていることが分かります。
咲いているのは、1cmにも満たない小さな花々で、意識しないと気が付かないかもしれません。
そんな小さな花をデジタルカメラで大きく写してみると、いつもとは違う春を楽しむことができると思います。

すべてオリンパスTG-615で撮影しました。

相模原北公園の梅:4月12日
花が終わり、若葉が茂る梅の木には梅の実がなっています。
相模原北公園の梅の木の下のタンポポ:4月12日
4月5日に訪れた時よりも、梅の木の下に咲くタンポポの数が増えていました。
鮮やかな黄色に目を奪われて、他には花がないと思いがちですが、ちょっとしゃがんで辺りを見てみましょう。
周囲の小さな花々のささやかな自己主張が目に入ってきます。

相模原北公園の梅の木の下のタンポポとスミレ:4月12日
梅の木の下に咲いているのはタンポポばかりでなく、スミレも咲いています。
たぶんコスミレだと思うのですが、スミレの種類は多く、下の濃い紫色のスミレと同じく、この写真だけでは名前を特定する情報が不足しています。

相模原北公園の梅の木の下のスミレ:4月12日
この色の濃いスミレも名前が分かりません。
この写真と下の写真だけでは情報不足でした。
花びらの側弁に毛があり、花の模様が特徴的だったのですが、それでも分かりません。
他にも種類を特定するための特徴があるようなので、今度相模原北公園に行ったときに、各部位を撮影してくるつもりです。

相模原北公園の梅の木の下のスミレ:4月12日
スミレの葉の形状を記録するつもりで撮影しましたが、歯が欠けていたりして、あまり参考になりません。

相模原北公園の梅の木の下のキュウリグサ:4月12日
梅の木の下に咲いているキュウリグサ。
葉をもむとキュウリの匂いがすることから、この名がついたそうです。
水色と黄色の配色が爽やかな印象ですが、花の大きさが5mm程度ととても小さいので、気をつけていないと気付かないかもしれません。

相模原北公園の梅の木の下のツクシ:4月12日
梅の木の下で延びていたツクシ。
ツクシが生えていると、周囲にもたくさん生えていることが多いですが、あまり見かけませんでした。

相模原北公園の梅の木の下のオオイヌノフグリ:4月12日
梅の木の下に咲くオオイヌノフグリ。
花はとても小さいですが、鮮やかな青で目を引きます。

オオイヌノフグリの果実:4月12日
オオイヌノフグリの果実。
名前の由来となる犬の陰嚢を想像させる形です。
指との比較から、その小ささが分かると思います。
小さいうえに、ガクのようなものに隠れているので、よく探さないと果実は見つかりません。
それを見つけて“イヌノフグリ”とは。
もう少しまともな名前はなかったのでしょうか。

明日は、相模原北公園北側、梅園の西側にある林の中に咲く花を紹介します。

【関連記事】
スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント ※コメントする際は、次の質問の答えも併記して下さい。コメントの認証ワードとなっています。
「四十雀の読み方は?(ひらがなで)」

プロフィール

profile
HN:yososuzume

身の回りの風景、草花、小動物、昆虫、野鳥を撮影して、写真を楽しんでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  • TBPインセクト昆虫
  • TBP昆虫小動物
  • TBP身近な自然
  • TBPPhoto
  • TBPNature Photo
忍者ブログ [PR]